お知らせ

2015.02.02 「UNOSDP ユースリーダーシップキャンプ東北」開催のお知らせ

このたび、昨年度に引き続き、文部科学省と国連・平和と開発のためのスポーツ事務局(UNOSDP)の連携により、同事務局が実施するユースリーダーシップキャンプを我が国で開催することとなり、公募により当法人が文部科学省の委託を受けて当該キャンプを実施する運びとなりました。同キャンプはアジアやアフリカなどから各地域のスポーツリーダー候補となる若者を招聘し、合宿を通じ各参加者のスキルアップやリーダーとしての資質向上を目的とした事業です。日本での同キャンプの開催は2014年1月の東京大会に続き、今回の東北大会で2回目となります。

【開催概要】

主催:国連・開発と平和のためのスポーツ事務局(UNOSDP)、文部科学省

企画運営:一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター

目的:
近年、国連機関や国際競技連盟、国際NGO 等が主体となり、スポーツを活用して、コミュニティの活性化や女子教育の推進、環境問題の啓発等の社会的課題の克服を目指すような様々なプログラムが推進されている。
我が国でも、2020 年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて日本国政府が新しいスポーツ国際貢献事業である「スポーツ・フォー・トゥモロー」を推進しており、スポーツを通した国際貢献・協力、社会開発等の分野に期待が集まっている。

本事業は、「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環として平成27 年3 月に東日本大震災の被災地である宮城県でUNOSDPユースリーダーシップキャンプを開催する。このキャンプの開催を通して、アジア・オセアニア等から参加する 30 名の若者に対して、スポーツを活用したリーダーシップ教育とともに、我が国のスポーツ教育の紹介や日本文化理解促進のプログラムを提供する。またキャンプの開催中に、石巻市雄勝町におけるスポーツを活用した新しい町づくりに向けた発表会、岩沼市近隣コミュニティを招いたスポーツイベントの開催も行い、スポーツを通した国際交流・貢献を積極的に推進する。

後援:
外務省、宮城県、石巻市、岩沼市、独立行政法人日本スポーツ振興センター、国立大学法人筑波大学、公益
財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、公益
財団法人日本アンチ・ドーピング機構

特別協力: 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

日程:平成27 年3 月2 日(月)〜15 日(日)

会場:モンタナリゾート岩沼(〒989-2455 宮城県岩沼市北長谷字切通1-1 グリーンピア岩沼内)

国連・開発と平和のためのスポーツ事務局(UNOSDP)及びユースリーダーシップキャンプ(YLC)については
以下の「UNOSDP・YLCについて」をご参照ください。

本件に関する問合せ先:
文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
℡ 03-6734-3493

一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
℡ 03-5790-9656 ylc@100yearlegacy.org

*取材、見学をご希望の方は嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター(℡ 03-5790-9656、E-mail
ylc@100yearlegacy.org )までご連絡ください。
  • 20150202プレスリリースUNOSDP YLC東北

  • UNOSDP・YLCについて

JAPAN SPORT COUNCIL

大きな地図で見る

〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1
岸記念体育会館内
TEL: 03-5790-9656
FAX: 03-5790-9657