オリンピック・ムーブメント

2011/09/26

カテゴリー:
  • Olympic Movement
  • Development through Sport

ロンドン2012オリンピック休戦教育プログラム開始

2012年ロンドン・オリンピック・パラリンピック組織委員会(LOCOG)は国際平和デーである9月21日、オリンピック休戦に関する教育プログラム("Get Set for Olympic Truce" Programme)を発表しました。このプログラムは、若者達にオリンピック休戦について学び、学校やコミュニティで平和や休戦というコンセプトを学べるスポーツ活動、文化活動への参加する機会を提供します。同プログラムの教材は、LOCOGのオリンピック教育プログラムである「Get Set goes Global」を通して英国内の全ての学校が活用できるようになります。

LOCOGの平和教育プログラムの発表に際し、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は次のようにコメントしています。「スポーツには世界中の人々に届く力があり、それは本質的に誰もが理解できる言語である。スポーツは平和を推進し、相互理解と対話を促すことができる。スポーツは、希望を吹き込み、ポジティブな価値と有益な人生の教訓を教えてくれる、若者を引寄せる磁石のようなものだ。LOCOGの教育プログラム(Get Set Olympic Truce)を通して、スポーツはいかなる違いをも超える力を持ち、友情、連帯、フェアプレイや普遍性を兼ね備え、スポーツをすることが人権の一つであるということを若者達は理解していくだろう。このプログラムを通してオリンピック休戦のビジョンを浸透させていくLOCOGの取り組みを賞賛したい。」

スポーツを通した平和の推進は、オリンピック・ムーブメントの始まりから常に中心的課題でした。IOCの創設者であるピエール・ド・クーベルタン男爵は、スポーツの力を一つにすることでより平和な社会の到来を実現できる、と固く信じていました。オリンピック・ムーブメントは様々なかたちで平和を推進しています。オリンピック・ゲームズを通じて、異なる文化やバックグラウンドをもった人々にも多くの共通点があることが地球規模で明示されます。ユース・オリンピック・ゲームズはスポーツを通して文化への理解を促進します。

Launch of the London 2012 Olympic Truce programme (IOC)
Athletes, musicians and young people celebrate launch of London 2012 Olympic Truce programme (LOCOG)
オリンピック休戦(Olympic Truce)について(英文)
LOCOGオリンピック教育のサイト(Get Set)
LOCOGオリンピック休戦教育のサイト(Get Set for Olympic Truce)

(News Release: 2011/09/21)

スポーツ振興くじ助成事業このコンテンツはスポーツ振興くじ助成金を受けて作成しています

JAPAN SPORT COUNCIL

大きな地図で見る

〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1
岸記念体育会館内
TEL: 03-5790-9656
FAX: 03-5790-9657