活動報告

2011/12/04  国立スポーツ科学センター

「オリンピック教育国際シンポジウム2011」が開催されました

嘉納治五郎先生生誕150周年を記念して2010年12月に筑波大学に設置されたCentre for Olympic Research & Education (CORE)は、筑波大学身心統合スポーツ科学センター及び日本オリンピック・アカデミーと共同で「オリンピック教育国際シンポジウム2011」を開催しました。当センターはCOREの運営をサポートしています。

今回のシンポジウムはアジア各国で展開されているオリンピック教育の実例を学び、より発展的な普及、展開を目指すことを目的に開催されました。

基調講演にはシンガポール国立南洋理工大学のSock Miang Teo Koh博士を招き、シンガポールにおけるオリンピック教育の歴史と実際の活動を紹介頂きました。博士は、昨年シンガポールで開催された第1回ユースオリンピックゲームズ(YOG)文化教育プログラム(CEP)の開発を主導した一人で、YOG以前からシンガポールでもオリンピック教育を展開していたが、YOGを契機として教育省がオリンピック教育を積極的に推進し始めたことなどを挙げ、やはりYOGのようなメガイベントを開催することで社会におけるスポーツの価値を大きく向上させることは間違いない、と主張しました。同時に、イベント開催を通して高まったスポーツへの注目と関心を、開催後に如何に維持するかが大きな課題である、とも述べました。

パネルディスカッションでは、タイ、台湾、韓国、日本から大学や高校の教育現場でオリンピック教育の推進に携わっている先生方から、実際の授業・事業展開例を紹介頂き、それぞれの立場から、今後発展的にオリンピック教育を普及していく上での課題をまとめて頂きました。これまではやはり、どちらかといえば欧米主導型の教材や教授法の蓄積が多かったといえますが、各国・地域のニーズに沿ったかたちでオリンピック教育を展開していくことには大きな意義がある、特にアジアには欧米とは異なる教育的伝統や身体観があり、既に行われている事例を世界に発信していく事が重要である、との見解で一致しました。

日本で行われている体育は、体力の向上やスポーツの楽しみ方の学習だけでなく、フェアプレイの精神といった人類普遍の価値を学ぶ格好の機会でもあります。その意味で日本の体育には既にオリンピック教育の根本理念が根づいているといえますが、こういった事実をどのように発信し、更に発展させていくかが今後の最も重要な課題の一つです。

また、日本では学習指導要領の改訂に伴い、中学と高校の体育理論の時間で文化としてのスポーツやオリンピック・ムーブメントの意義を学ぶことが必修となります。そういった点からも、日本の教育ニーズに沿ったかたちでオリンピック教育を展開していくことは、我が国の人材育成システムを考えていく上でも重要な視点であるといるのではないでしょうか。

http://www.tsukuba.ac.jp/topics/20111208165533.html
http://bamis.taiiku.tsukuba.ac.jp/detail/index/188/
JAPAN SPORT COUNCIL

大きな地図で見る

〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1
岸記念体育会館内
TEL: 03-5790-9656
FAX: 03-5790-9657