活動報告

2010年11月2〜4日  ソウル

WADA社会科学研究シンポジウム(ソウル)に参加

 世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が初めて開催した社会科学研究シンポジウムに参加しました。WADAが近年力を入れている取り組みの一つに、アンチ・ドーピングに関する社会科学研究が挙げられます。より効果的なアンチ・ドーピング教育・啓発活動を実施するため、WADAは2005年より世界中から研究を公募し、研究費を支援してきました。このシンポジウムではこれまでの成果をまとめ、今後に向けた社会科学研究の方向性を世界各国から集った参加者とともに議論しました。

シンポジウムについて
WADA社会科学研究について
  • シンポジウムの趣旨説明をするロブ・ケラーWADA教育啓発部長

JAPAN SPORT COUNCIL

大きな地図で見る

〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1
岸記念体育会館内
TEL: 03-5790-9656
FAX: 03-5790-9657